日光一文字

「日光一文字」は、北条早雲の日本刀で鎌倉時代に興った刀匠集団「福岡一文字派」の太刀です。北条 早雲(ほうじょう そううん)は、戦国時代初期の武将で、戦国大名となった後北条氏の祖といわれています。「日光一文字」は「道誉一文字」と並び、一文字中の最高傑作の呼び名が高い。日光二荒山に奉納されていた太刀を、戦国大名の先駆けであった北条早雲が譲り受けたことから、この名が付いた。現在、国宝に指定されるほどの名刀である。豊臣秀吉の小田原(北条)攻めの際、黒田官兵衛が秀吉と北条氏との和睦を図り、 そのお礼として、官兵衛がもらい受けた。