毛利元就の日本刀

「福岡一文字派」による太刀は、中国地方最大の戦国大名・毛利元就の愛刀だ。 元就の前半生は不遇だった。幼くして両親を亡くし、重臣だった井上元盛に領地を奪われ、苦しい生活を余儀なくされる。家督を継いだ兄も若くして病死し、二七歳で毛利家の当主となった。それからは、あらゆる知略を使い、勢力を拡大、中国地方のほぼ全域を支配下に置くことになる。元就は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主で、安芸(現在の広島県西部)の小規模な国人領主に過ぎなかったが、暗殺や買収、婚姻や養子縁組など様々な権謀術数を駆使して中国地方のほぼ全域に勢力を拡大した。一代で大国を築き上げた若き元就が、家臣と共に安芸国(広島県西部)厳島神社を参拝に訪れたときのことである。家臣が、「いつの日か元就様が安芸国の主になれるように」と祈願すると、元就は、 「天下の主を目指してこそ、初めて一国の主となれる。初めから一国しか望まぬ者 は、一国さえその手中に入れることはできない」 と、家臣を諭したという。元就の野心家ぶりを表す逸話である。 のちに元就は、愛刀「福岡一文字」をこの厳島神社に奉納し、今も大切に保管されている。