毛抜形太刀

「平将門」の愛刀を紹介したいところだったが、残念なことに、 将門の愛刀といわれるものは残っていない。反りのある最初の日本刀を作らせ、所領から産出される馬を駆使して騎馬隊を編成したなどとは伝えられるが、いったい どのような日本刀を使っていたのだろうか。それを知る手がかりとなるのが、藤原秀郷の「毛抜形太刀」である。藤原秀郷は、もとは下野掾であったが、平将門追討の功により従四位下に昇り、下野・武蔵二ヶ国の国司と鎮守府将軍に叙せられ、勢力を拡大した。「新皇」を名乗り朝敵となった将門を討伐し、乱を平定した武将で、その秀郷の愛刀が、三重県伊勢市にある。直刀から反りのある太刀に移行する過渡期の形態で、鍾元だけが湾曲し、茎がそのままつかとなっている。茎には貴人の使う毛抜に似た透かし彫りが施されており、 それがこの名の由来である。 この毛抜形太刀を振るった秀郷と同じ時代を生きたのが平将門である。