刃文の種類

「刀剣」を鑑賞する際の見どころの一つである刃文。刃文の地と刃の間に出来る線のことで、様々な形がある。焼き入れの工程でできる独特の文様で、こちらも流派や制作者を特定するための重要な判断要素の一つとされる。

 ”直刃”(すぐは)

刃に対して平行に流れる刃文で、代表的なもののひとつ。直刃に対して波打つものを「乱れ刃」という

 ”濤乱刃”(とうらんば)

寄せる波を模して制作される刃文。不規則に大きくうねる線が特徴的。

 ゛互の目刃”(ぐのめは)

乱れはの中でも一定の間隔で波打つものを「互の目刃}と呼ぶ。

 ”丁子刃”(ちょうじは)

互の目刃のように規則的な刃文に対し、不規則でダイナミックな刃文。時代によって様々な特徴がある。

 ”三本杉刃”(さんぼんすぎは)

「尖り互の目刃}とも呼ばれる。規則正しく、尖った山形の刃文が連続して連なっているのが特徴。

 ”足長丁子刃”(あしながちょうじば)

丁子刃のうちの一種で、なかでも刃先に向かって細い突起が細長くいくつも入る刃文のことを言う。

 ”皆焼刃”(ひたつらは)

刃だけでなく、地や鎬、棟の部分にまで焼き入れされたもの。不規則に現れる稜線が特徴。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です