「帽子の種類」

刀剣の刃と地鉄の間に現れる刃文。なかでも刀身の先端部分となる鋒に現れる刃文を「帽子」と呼ぶ。各流派や制作者によって癖や特徴があり、それぞれの特色を現している。これも刀剣の生産地や作者を知るための手がかりとなる。

 ”大丸帽子”(おおまるぼうし)

刃に対して平行な「直刃」の刃文を持つ刀剣に多くみられる。焼き幅が狭く、鋒{きっさき)の刃の部分「ふくら」の反りによって刃文が円を描いている。焼き幅が広く円の小さいものは「小丸帽子」という。

 ”乱込帽子”(みだれこみぼうし)

横手筋より鋒の部分が大きく波打ち乱れている帽子。横手筋よりも下の部分が乱刃で帽子まで続いている場合もあるが、直刃のこともある。乱れの形によって呼び名が変わることもある。

 ”一枚帽子”(いちまいぼうし)

刃文が横手筋よりも下にある場合の呼び名。焼き入れの際に火加減を誤るとこのような形になるが皆焼刃(ひたつらは)や両刃の場合はあえて一枚帽子で制作されることもある。

 ゛焼詰帽子”やきづめぼうし)

鋒の刃文が円を描き棟の方に反っていかず、刃文が流れるまま、棟へと抜けていく形を焼き詰めという。実線を残さず、砂を箒で掃いたようにかすむ「掃きかけ」という模様になるものも多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です