室町初期にかけての刀たち

・瀬登太刀(せのぼりのたち)
無銘で、作者は不明です。
日光の法師が、この刀を川に投げ込み、流れに負けなければ戦に勝つと言う占いをし、見事川に流されずに戦に勝ったことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造で庵棟、長寸で重ねが厚く、身幅が広く、鎬が高く大峰となっています。
刃文は小乱で、尖り心の小丁字を交え、中程は二重刃風にほつれています。
反りは深く、長身ながら姿のきれいな大太刀です。
重要文化財に指定されています。
日光二荒山神社に所蔵されています。

・祢々切丸
無銘で、京の三条小鍛冶宗近の作とも、来の国俊の作とも言われている大太刀です。
その昔、日光の鳴虫山に住み着いた「祢々(ねね)」という虫の妖怪を切り捨てたことにより、こう呼ばれるようになりました。
鵜首造で庵棟、重ねが極めて厚く、身幅は広く、大鋒で反りが深くなっています。
刃文は長身なためか下半は焼を入れず、中程より湾れ調に互の目・小丁字・小乱れが交じっています。
大変大きな太刀で、日本最大の大太刀と言われています。
重要文化財に指定されています。
日光二荒山神社に所蔵されています。

・石切丸(いしきりまる)
銘が「河内有成」となっていますが、三条宗近による太刀です。
石切丸と呼ばれる刀は数本ありますが、そのうちの一つで、酒呑童子を退治した刀だと言われています
重要美術品に指定されてします。
石切剣箭神社に御神刀として奉納されています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です