小烏丸

日本の刀剣の歴史は古墳時代からはじまると思われています。
初期の刀剣には反りがなく、ほとんどは直刀でした。
反りのある「湾刀」が作られるようになってきたのは平安中期以降です。
小烏丸は、奈良時代、または平安時代に大和国で活躍した伝説的な刀工・ 天国の作と伝えられており、湾万の時代にはやや早いと思われるものの、すでにわずかな反りがある刀です。
しかも鋒だけが両刃づくりになっていて、独特な形をしています。

形が不思議なら、その名の由来もまた不思議です。
平安京を聞いた桓武天皇が南殿で朝拝をしていると、天空から舞い降りてきた巨大な烏が自ら「伊勢神宮の使いである」と告げ、羽の間から太刀をー振り落としていったという言い伝えがあり、この太刀が、御使いの烏に因んで小烏丸と呼ばれるようになったと言われています。
他にも 「小鳥丸」という号のいわれはいくつかありますが、由来としてはこの伊勢の御使い烏の物語が代表的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です